広告主も、アフィリエイターとしてASPに登録をしよう

アフィリエイト運用をされている広告主で、まだアフィリエイターとしてASPに登録していなければ登録をしておきましょう。アフィリエイター側の管理画面から、運用のヒントを得ることができます。

アフィリエイターとして、ASPに登録をしよう

アフィリエイトを運用するなら、できるかぎり多くの優良なアフィリエイターから提携申請をしてもらいたいものです。
誰もが知っている有名なショップであれば、アフィリエイターから積極的に提携申請してもらえます。しかし「まだスタートしたばかり」「知る人ぞ知る」「知名度は低いが、魅力的な商品がある」であれば、優良なアフィリエイターから提携申請をしてもらうには、魅力的なプログラムを提供する必要があります。

安易に「高額な成果報酬を設定すればよい」となりがちですが、アフィリエイターは成果報酬だけで提携先を選んでいません。どんなプログラムが好まれているのか、同業他社はどのような運用をしているのか知りたければ、アフィリエイター側の管理画面を見ればヒントを得ることができます。


まだ広告主側の管理画面にしかログインしたことがなければ、アフィリエイターとしてAPSに登録をしておきましょう。

アフィリエイターとして登録するために必要なこと

アフィリエイターとして登録するには、自分が管理しているWebサイトが必要です。その他に住所・氏名・メールアドレス、アフィリエイト報酬を振り込むための銀行口座の入力が求められます。
自社のネットショップでも登録は可能ですが、できればアフィリエイターとして活動できるように個人ブログを立ち上げて(無料ブログで可)、登録されることをお勧めします。アフィリエイターとして自分で記事を書いてバナー素材を貼れるWebサイトを用意しておけば、興味ある企業や同業他社に提携申請ができるからです。自社のネットショップではなく個人ブログで登録する場合、目安として10記事ほど更新してから登録されるとよいでしょう。

登録後すぐ利用可能になるASPもありますが、ほとんどはサイト審査が行われます。各社で審査基準があり、基準に満たないとアフィリエイターとして活動はできません。活動実績を重視するところは、できたばかりのサイトは審査に通らないことがあります。特定のカテゴリーは登録不可にして、ギャンブルや年齢指定のコンテンツ、ねずみ講や情報商材を扱うアフィリエイターを登録させないよう基準を設けているところもあります。ASP担当者が目視で確認しているので、審査に数日かかることもあります。

サイト審査は、ASPがネットワーク内を健全に保つために実施しています。明確な審査基準のあるASPは、広告主にとっても安心・安全に利用できると言えます。

登録が完了したら、アフィリエイター側の管理画面を見てみよう

登録が完了すると、設定したID・パスワードを使ってアフィリエイター側の管理画面にログインできるようになります。

まずは自社と近しいカテゴリーから見てみましょう。「プログラム検索(一覧)」タブをクリックすると、大まかにカテゴリー分けされた広告主の情報を一覧で見ることができます。広告主一覧を表示して、近しい商材を扱っている他の広告主が、どんなアフィリエイトプログラムを運用しているか見てみましょう。

プログラム検索は、一部のASPは上位に表示させる有料広告枠を提供していることもありますが、基本は新着順に上から表示されます。つまり、最初は上に表示されていても、他の新しいプログラムが開始するとどんどん下がってしまいます。
広告主としては、プログラムが目立つように表示されている間に、できる限り多くのアフィリエイターの目に触れて、興味を持ってもらいたいものです。アフィリエイターに興味関心を持ってもらうために、アフィリエイターの視点でプログラムを見るクセをつけましょう。

アフィリエイター側の管理画面で見るべきポイント

見ていただきたいのは下記の項目です。実際の記載についての詳細は、事例など交えて別途でご紹介します。ここでは広告主が見てほしいポイントについてお伝えします。

 ①参加広告主名
 ②プログラム名の表記の仕方(プロモーション、広告主名など)
 ③成果条件(報酬率、アフィリエイト報酬、成果報酬など)
 ④提携審査基準(承認基準、否認ルールなど)
 ⑤プログラム詳細文の記載内容
 ⑥登録している広告素材

①参加広告主名
思わぬ広告主が参加していることもあります。自社のカテゴリーは、企業名を確認しておきましょう。

②プログラム名の表記の仕方
プログラム一覧で検索して、アフィリエイターが最初に見るのはプログラム名です。
ASPによりショップ名や会社名に固定されていることもありますが、キャッチコピーと合わせて表記されるのが一般的です。固定でない場合は、規定文字数内でショップの特徴を伝えることができます。
どういったコピーなら目に留まるか、他社を参考にしましょう。

③成果条件
成果条件は「利益率の〇%・・・」といった決まりはなく、それぞれの運用方針により決定しています。同業他社の設定を見ておきましょう。

アフィリエイターにとって成果報酬を得ることは一番のモチベーションとなります。高額な報酬であれば提携を進めるのに有利となることは事実です。ですが、単に高額であればというわけでなく、知名度に左右されます。

例えば「高額報酬を設定してこだわりの優良商品を扱っているが、知名度はイマイチなショップ」と、「報酬率は低めだが、誰もが知っている知名度の高いショップ」であれば、売りやすい・紹介しやすいという理由から、知名度のあるショップをアリエイターは好む傾向にあります。特に「テレビで話題の」「芸能人ご愛用」のような、誰もが知っている人気商品は紹介しやすく、売りやすいというメリットがあります。
一概に、報酬率だけで選ばれるわけではありませんが、スタートしたばかりでまだ話題性が少ないショップであれば、可能なら同業他社に見劣りしない成果報酬に設定する必要があります。プログラム一覧から、近しい商材を扱うショップがあれば、特に注目しておきましょう。

④提携審査基準
どういったアフィリエイターと提携したいのか、審査基準を見ることで把握できます。参考にしましょう。

⑤プログラム詳細文の記載内容
プログラム詳細は、どんな商品を扱っているのか・どんな人が買っているのかを分かりやすく伝える必要があります。後発のプログラムでは、魅力を伝えられるように工夫が必要です。

⑥登録している広告素材
スタート前にバナーやテキストの広告素材を用意する必要があります。他社がどんな広告素材を用意しているのか見ておきましょう。

アフィリエイターから選ばれる広告主になるために

実際の報酬設定や、記載内容については今後の記事でフォローしていきます。

筆者は複数のASPにアフィリエイターとして登録しています。管理画面の使いやすさ、得意としているカテゴリー、特集や企画の充実・・・といったことも、アフィリエイター側の管理画面で情報を得ています。
既に運用を開始されているなら、そのASPで登録を。まだ検討段階なら、別記事で筆者がお勧めのASPを3つあげていますが、いくつかASPにアフィリエイターとして登録してみて「アフィリエイターにとって使いやすい」という視点で選択されてもよいでしょう。

よろしければこちらからご登録ください。

一概に、高額報酬だけでアフィリエイターから選ばれるわけではありません。アフィリエイターは多くのプログラムの中から、話題性、売りやすさなどの要素を加味して、運営サイトに近しい商品を扱っている広告主を見つけて、比較検討し、提携申請をしています。ASPのアフィリエイター側管理画面は同業と並列で紹介されているので、「魅力あるプログラム」だとアフィリエイターにわかりやすく伝える必要があります。アフィリエイター側の管理画面から、ヒントを探りましょう。