【広告主向け】アフィリエイト広告の効果的な運用方法のコツ

アフィリエイトの効果的な運用方法のまとめ

開始前の準備、開始後にやるべきこと、さらに成果を上げるために取り組むことをまとめました。アフィリエイト運用全体の流れを理解したい時に活用ください。

アフィリエイト広告とは

アフィリエイト広告とは、成果報酬型の集客手法です。
アフィリエイト広告では、広告を掲載しただけでは費用は発生しません。アフィリエイトサイトに掲載された広告をクリックして、見込み顧客が自社ショップサイトに来た場合も、クリック報酬を設定していない限り、来ただけでは報酬は発生しません。商品購入や資料請求など、広告主が設定した成果となる行動をユーザーがすることで、初めて報酬が発生することから、費用対効果が高い広告手法と言われています。

ただし、費用対効果が高いからと安易にスタートしても失敗するケースもあります。
条件が合えば報酬を支払えば掲載してもらえる既存の広告と違い、アフィリエイトは広告主が「紹介してほしい」と依頼をしても、アフィリエイターが掲載したいと思わなければ広告を掲載してもらえません。成果を獲得するためには、アフィリエイターに選ばれなければなりません。アフィリエイターに紹介してもらうため、情報提供やコミュニケーションを通じて「選んでもらうための活動」をする必要があるのです。

開始前の準備

ASPを選択する

これからアフィリエイト広告をスタートするなら、ASP(アフィリエイト・サービスプロバイダー)を利用するのが一般的です。ASPにはアフィリエイターが登録していて、広告主との提携を仲介してくれたり、成果報酬の支払いを代行してくれます。アフィリエイターに支払う成果報酬の他に、システム利用に月額の固定費が発生します(一部、固定費無料のASPもあります)。費用のみで判断するのではなく、自社の運用に適した機能が実装されたASPを選びましょう。

  • アフィリエイターとの提携時に、自動承認か手動承認を選択できる
  • アフィリエイト別レポートがあり、アフィリエイトサイトを個別に確認できる
  • 提携済みアフィリエイターに連絡ができる
  • アフィリエイター向けにメールマガジンを送信できる
  • アフィリエイターごとに報酬アップを設定できる

広告主としてだけでなく、アフィリエイターとしてASPに登録することもできます。管理画面がアフィリエイターから見て使いやすいかを確認するだけでなく、どんな広告主が参加しているか、どんな広告主が好まれているか、同業他社はどのような運用をしているのか・・・といった、運用のヒントを得ることができます。

アフィリエイターに支払う報酬を決める

アフィリエイターの紹介に応じて支払う成果報酬を「どのぐらいに設定すればよいのか」と、悩まれるかと思います。同業他社の設定や商材やサービスの知名度により異なるので、一概に「このぐらいに」とは言えないのですが、まずは「支払える上限の半分」に設定しておくことをお勧めします。

成果報酬には、定率と定額の2つがあります。自社の商品やサービスに合わせて決定しましょう。

  • 定率……「商品が1つ売れたら商品価格の10%を支払う」と定率で支払う方式
  • 定額……「1クリックにつき1円」「会員登録につき100円」「資料請求1件につき1,000円」と定額を支払う方式

ASPへの支払いは、アフィリエイターに支払う成果報酬の他に、毎月支払う月額固定費と、1件あたりの成果に対して手数料が発生します。ASPの手数料、費用や利益を加味して、無理なく運用を続けられる設定にしておく必要があります。「できるかぎり費用を抑えたい・・・」というのは広告主の本音ですが、成果報酬はアフィリエイターの活動のモチベーションです。同業他社と比較して、見劣りしない報酬額にしましょう。

プログラム詳細を準備する

アフィリエイト広告の「プログラム」とは、広告主がアフィリエイターに提供する広告概要です。アフィリエイター側の管理画面で、プログラム検索で表示される「プログラム詳細」は、広告主の商品やサービスの情報、成果条件や成果報酬額、注意事項などの詳細を一覧で確認できるようになっています。

プログラム詳細で、アフィリエイターに「提携するメリット」を伝えて、「紹介しやすそう」「ユーザーに利便がありそう」「売れそう」と思ってもらえるようにアピールします。合わせて提携の条件や、アフィリエイターに注意してほしいルールも入れておきます。興味を持って、アフィリエイターに提携申請してもらえるように働きかけます。

バナー・テキストなどの広告素材を用意する

アフィリエイト広告では、広告主が事前にASP管理画面にバナーやテキストなどの広告素材を登録しておきます。提携アフィリエイターがサイトやブログに貼りたい広告素材を選び、取得して掲載します。大手法人サイトから個人の日々の出来事を綴ったブログまで、さまざまな媒体に広告が掲載される可能性があるので、どのサイトでも掲載しやすい広告素材を登録しておく必要があります。

バナー素材の必須サイズは100×100、125×125、250×250、300×250、336×280、320×50、468×60などです。他、ASPの推奨サイズも可能なら準備しておきましょう。ついクリエイティブなバナーに目がいきますが、コンバージョン率が高いのはテキスト素材です。キャッチコピーは必要なく、ショップ名・ブランド名などの「単語」を用意します。

アフィリエイターの利便を考えて、つい素材を増やしすぎてしまう傾向がありますが、管理のできる範囲にとどめておくのがお勧めです。

開始後に必ずやること

提携承認作業

アフィリエイターはASPの管理画面から検索し、テーマやカテゴリーのある広告主を見つけて「提携申請」をします。広告主が「提携承認」すると、アフィリエイターは広告主の用意した広告素材を掲載して紹介ができるようになります。
提携承認は、プログラム詳細に提示してある提携条件に沿って対応します。アフィリエイターが提携申請したら自動的に承認される「自動承認」と、広告主がアフィリエイトサイトを確認するまで保留ができる「手動承認」があります。どちらを選択してもメリット・デメリットがありますが、現在は「手動承認」にすることが推奨されています。

手動承認に設定したら、提携はいったん保留されます。アフィリエイターを待たせてしまうことになるので、営業日の一日一回は承認作業を行いましょう。提携申請してくれたアフィリエイトサイトを確認して、提携条件に満たない場合は「提携否認」をします。提携否認の条件は、あらかじめプログラム詳細に提示しておきます。

アフィリエイターから提携申請を自動、または手動で提携承認すると、「提携承認メール」が自動で送信されます
一部ASPでは「提携承認メール」をカスタマイズができます。広告主から連絡できる最初のメールとなるので、可能なら提携申請してくれたアフィリエイターに感謝の気持ちを伝えましょう。

成果確定作業

成果確定とは、「未確定」の成果をショップの販売履歴とつけ合わせて、問題なく購入されたと確定したら、アフィリエイターに報酬を支払い処理をすることです。広告主が成果確定を行うと、紹介してくれたアフィリエイターの収入になります。

プログラム詳細に確定期間の目安(例:30日など)を入れることができます。この期間内に処理をする必要があるので、月に1~2回、対応日を決めて成果確定作業をしましょう。例えば、「毎月第二・第四の木曜日に対応する」「月末締め日に合わせて対応する」といった具合です。

空注文や二重注文など、条件に満たない場合は成果をキャンセルします。キャンセルはアフィリエイターに「報酬を支払いません」と告げる行為なので、間違いのないように正しく行いましょう。

日々の運用方法

メールマガジンでアフィリエイターに情報提供する

アフィリエイター向けのメールマガジンは、提携済みのアフィリエイターにメルマガを送信できる機能です。全てのASPに実装された機能ではありませんが、タイムリーな情報提供によって稼働率アップにつなげたり、定期的な送信で信頼のできる広告主だと思ってもらえることでリレーション強化につなげることができるので、ぜひ活用していただきたいです。まずは月に1度から、慣れてきたら月2回を目安に配信してみましょう。

配信内容は、季節の変わり目、売れ筋ランキング情報、エンドユーザー向けのセール情報、昨年度の傾向など、「これから売れる」と予想される情報を提供します。年末年始の休業のお知らせなどの必要事項の共有や、担当者のお勧めポイントや、商品の使い方のアドバイスなども喜ばれます。

キャンペーンをアフィリエイター向けに企画する

成果の伸び悩みなど課題の解決のため、提携済みのアフィリエイターに通常より高い成果報酬を期間限定で提供することをアフィリエイター向けキャンペーンと言います。
一律に「報酬アップ」というものではなく、アフィリエイター向けキャンペーンは現状の課題や目的に合わせて企画します。新商品の発売時や、テレビなどのマスメディアに紹介された時、セール開催時など、より「売れる時」に注目してもらうために企画するのがお勧めです。

広告主の中には「できれば広告費を抑えたいので、報酬アップはやりたくない・・・」という考えの方もおられます。ですが、報酬アップをきっかけに記事掲載をしてくれても、アフィリエイトでは成果が発生しなければ報酬を支払うことはありません。
アフィリエイターが紹介してくれた記事は、多くの場合、広告主がアフィリエイトを終了しなければ継続して掲載されます。アフィリエイターにとって魅力あるキャンペーンを企画することで、優良な紹介をしてくれるアフィリエイターを増やしてくことができます。「課題があるので、とりあえず」ではなく目的に合わせて定期的に、継続して実施していくことが大切です。

お勧めは繁忙期に合わせたキャンペーンです。報酬アップと合わせて、アフィリエイター向けメールマガジンを配信して「季節のお勧め」や「今、とても売れています」と売れる時期を情報提供して獲得につなげます。

レポートから課題を見つける

ASP管理画面のレポートから読み取れることは、提携数・稼働数の増加、前月・前年との比較、キャンペーン効果、成果確定前に要注意サイトを確認、実績をあげているアフィリエイトサイトの確認・・・などです。管理画面のレポートから、アフィリエイト全体の実績を見ることができます。キャンペーンの効果、来季の予算検討の参考に、次の施策に展開することに活用します。

ASPは様々なレポートを提供していますが、主に活用するレポートは月別、日別、アフィリエイター別の3つです。
月別レポートは全体感の把握に適しており、日別レポートで日々の獲得数や何かしら問題が発生した時のアラートを察知することができます。アフィリエイト別レポートは、送客に貢献してくれている、毎月コンスタントに成果に貢献してくれるアフィリエイターを見つけることができます。

アフィリエイターからの提携申請が少ない」「アフィリエイターが紹介記事を書いてくれない」「アフィリエイターが売ってくれない」などの課題をレポートから見つけたら、対策をしていきましょう。



さらに成果を伸ばす方法

アフィリエイターをリクルーティング

アフィリエイト広告のリクルーティングとは、自社製品と親和性の高いサイトを運営しているサイト運営者に「ぜひ提携してほしい」「商品紹介をお願いしたい」と依頼することです。アフィリエイターとの個別連絡を禁止しているASPもあり、運用ルールが異なるので事前確認が必要です。

リクルーティングの方法は主に3つです。

  • ASP担当者にリクルーティングをしてもらう
  • ASPの管理画面の機能を活用してリクルーティングする
  • 広告主が、アフィリエイターをリクルーティングする

リクルーティング機能が充実している、ASP担当者が積極的に動いてくれるなども、ASPを選択する理由の一つになります。無料で対応してもらえるか、オプションとして費用が発生するかもASPにより異なります。アフィリエイターとの個別のやり取りに制限がないなら、広告主が直接アフィリエイターに声掛けしていくこともお勧めです。

自社のユーザーに、アフィリエイターになってもらう

顧客に向けて「アフィリエイターになりませんか?」と案内をしてみませんか?
商品の使い方や良さを実感しているユーザーに紹介してもらえるからと、パソコンメーカー、総合通販、大手メーカーなども活用している方法です。

ショップの商品を愛用してくれるお客様に、口コミやお友達に紹介してくれたことに対して「アフィリエイト広告の仕組みを使ってお礼をする」ことができます。過去実績で、自社サイト経由でアフィリエイト登録してくれた方は、稼働率の高さに定評があります。

アフィリエイトプログラムを終了する時

様々な事情で、広告主がアフィリエイトプログラムを終了しなければならないこともあるでしょう。終了が確定したら、まずASPへ連絡をします。即日終了ではなく、2週間から1か月ほどの猶予期間が必要で、「半年や一年の更新時のみ、申請ができる」と制限している場合もあります。猶予期間を設けているのは、広告素材を掲載しているアフィリエイターに事前にリンク削除などの対応をしてもらうためです。
プログラムが終了すると、管理画面にログインすることはできません。機能が利用できるうちに、提携してくれたアフィリエイターに感謝の気持ちを伝えておきましょう

アフィリエイト運用方法のまとめ

アフィリエイト広告運用について、開始前の準備、開始後に最低限やらなくてはいけないこと、さらに成果を上げるために取り組んだ方がよいことをまとめました。全体の流れを理解したい時に活用いただき、詳細はそれぞれのリンク先の記事を読んでみて頂けたらと思います。

アフィリエイト広告では、広告主は「選ばれる立場」です。

アフィリエイト広告運用で最も大切なことは、アフィリエイターに選んでもらうための活動をすることです。まずは、紹介したい商品やサービスであること。魅力あるプログラムを用意して、アフィリエイターの活動を応援する企画をしていくことが、アフィリエイト広告で成功するために必要です。

もし運用に行き詰まったら、お気軽にご相談ください。課題を見つけるお手伝いや、アフィリエイターに選んでもらえるための活動を一緒にさせていただきます。お待ちしております。

鈴木珠世(すずきたまよ事務所)のサービス案内は、こちらからご確認ください。